Javaチャンピオンになりました!

Javaチャンピオンになりました!

小学生の時からBASIC、アセンブリ言語、FORTRAN、C、Javaなどなど独学で長年プログラミングをしてきました。

特にJavaは文法が簡素で、かつ堅牢にコーディングが出来ることから惚れ込んでいます。開発が仕事の中心にあることは社会人生活中、ごく短い期間なのですが、仕事を楽にするためのコード、ただただ趣味で書くコード、自社システムなど、途絶えることなくここ20年くらいJavaを書いています。

最近10年くらいはJJUGのイベントでお話させて頂いたり、校正ツールのRedPenを開発したり、趣味で書いたTwitter4Jが昨年Duke’s Choice Awardを受賞したり、JavaOneOracle Code OneJDK.IOなど海外のカンファレンスでも講演してみたりと国内外に向けた発信もがんばってみました。

そしてJavaのコミュニティーや、テクノロジーを支えた成果を認めて頂き、この度Java Championに任命される運びとなりました。

JavaチャンピオンはJavaテクノロジー、Javaコミュニティーをリードする優れた人に与えられる称号。日本では5人目、世界では279人目みたいです。これはJavaチャンピオンとして推薦してくださいました寺田佳央さん(@yoshioterada)をはじめとする諸先輩方、そしてコミュニティ(特にJJUG)の皆様の支援の賜物です。

寝ている間に就任を知らせるツイートがあったわけですが、今日一日は通知が鳴り止みませんでした。世界中からの祝福を受けて嬉しいのと同時に、気が引き締まる思いです。

それなりに頑張っているかな?という自負があるのと同時に、それぞれの方面で自分なんかよりもよっぽど詳しい人、スゴイ人はいくらでもいらっしゃいます。これに奢ることなく精進し、またJavaコミュニティを盛り上げて行きたいと思います。

最後にAmazonギフトで15円からお祝いを贈ることができるリンクを張っておきますね。https://kampa.me/t/rni

アイキャッチ画像は https://blogs.oracle.com/java/announcing-2018-dukes-choice-award-winners より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です