雑多

発明家!?

前職で在職中申請した特許が待つこと一年半、ようやく公開された。担当部署、弁理士さんに感謝、感謝、感謝!
一つ目:
情報表示サーバ、情報表示方法、その記録媒体およびプログラム

二つ目:
情報表示装置、情報表示方法、その記録媒体およびプログラム

現在はいわゆる 特許出願中/Pat. pending の状態。実際に特許権が発生するまでは審査請求->特許査定->設定登録と長いステップを踏む。
特許庁Home > 特許権を取るための手続
“発明”というものには子供のころからあこがれてきた。まだ特許にはなっていないけども”発明者”として名前が挙がっている限り発明家の仲間入りだ!?

これで一儲けできるかどうかはわからないけども、特許申請のなんたるかはちょっとわかった。(ほとんどは弁理士さんがやってくれました)
これをステップにどんどんアイディアを権利化できればうれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です