Java

ChromeDriverを自動インストールするJavaユーティリティ chrome-driver-instlaller をリリース #chromeDriverInstaller

SeleniumからChromeを扱う際、一般的にChromeDriverを使います。
(Selenium 4.0では不要になりそう?)

また、ChromeDriverはChromeのバージョンに敏感で、特に開発環境でChromeが自動更新されていると動作しなくなって

This version of ChromeDriver only supports Chrome version**

などというメッセージがでます。現在のバージョンを確認して新しいバージョンをダウンロードして、展開して、配置し直すというのは地味に面倒です。
chrome-driver-instlallerはその問題を解消するため、インストールされているChromeのバージョンを検出し、対応するChromeDriverがなければ自動的にインストールしてくれます。

使い方は簡単で、以下の一行をコード内に置くだけです。

Optional path = com.samuraism.chromedriverinstaller.ChromeDriverInstaller.ensureInstalled("/tmp/chromedriver");

システムプロパティ webdriver.chrome.driver もセットしてくれます。
Chromeを検出できなかったり、検出したバージョンをサポートするChromeDriverが見つからなかったりしたらOptional.empty()が返ります(普通はないと思う).

現在のところmacOSとLinuxに対応しています。Chromeが/Applications/や /usr/bin/ にあることを前提としています。前提と外れる場合やWindowsでも使いたい場合、プルリクエストを頂ければ幸いです。
GitHub Samuraism / chrome-driver-installer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です