サーバ

GCP Compute Engineで静的IPアドレスを割り当てる

GCPでブログ立ち上げ後、半日に一回くらいDBに接続できない旨のエラーが出ます。そのトラブルシューティングは別にするとして、対症療法的にVMを停止→起動したところサーバは復旧したもののIPアドレスが変わってしまいました。

そういえばGCPのコンソールで、IPアドレスの欄には「エフェメラル」と書いてあります。

なんか最強の武器の材料になる魔法石みたいな単語だけどephemeral(短命な)という英単語で、恒久的に割り当てられたIPアドレスではないという意味みたいです。停止、起動のたびにDNSを設定し直すのは大変面倒。

再起動しても変わらない静的IPアドレスを割り当てられるみたいなので設定してみました。

GCPのコンソールでインスタンスの詳細画面で「編集」をクリック。

編集画面でネットワークインターフェースの鉛筆マークを押す。

「外部IP:エフェメラル」となっているプルダウンリストをクリック。

「IPアドレスを作成」を選択。

名前を付ける。名前にドット(.)は使えないみたい。

完了をクリックしてネットワーク設定を終了。

最後、画面一番したの「保存」ボタンを押すのを忘れずに。

無事魔法石っぽいのが最強の武器ではなく固定IPアドレスに変わりました。

このときIPアドレスがエフェメラルのものからまた新しいIPアドレスに変わってしまいました。

変えたくない場合はエフェメラルのIPアドレスを固定に昇格させることもできるみたいです。
インスタンスの IP アドレスの設定  |  Compute Engine ドキュメント  |  Google Cloud Platform

1 thought on “GCP Compute Engineで静的IPアドレスを割り当てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です