TwitterがAPI1.0の完全廃止日をアナウンス – 2013年5月7日(火)

TwitterがAPI1.0の完全廃止日をアナウンス – 2013年5月7日(火)

TwitterがAPI1.0の廃止日をアナウンスしました。
API v1 Retirement: Final Dates | Twitter Developers

公式な廃止日は5月7日6月11日に延期されました
次のブラックアウトテストを4月16日に実施、結果次第ではさらに追加のブラックアウトテストを実施する。
以下抄訳:

Twitter REST API v1 は公式に2013年5月7日(火)に廃止します。

2013年4月16日UTC23時にまたブラックアウトテストを実施し、結果によっては最終廃止日前にさらにブラックアウトテスト日を設けます。

移行に当たって気をつけることはいろいろありますが、以下にまとめました:

api.twitter.com/1/*への認証付き & 認証なし呼び出しには410 Goneが返ります。替わりにAPI v1.1を使います。
search.twitter.com/search.*の呼び出しも410 Goneが返ります。替わりにGET search/tweetsを使います。
api.twitter.com/1/statuses/oembed.*は引き続き使えますが、 移行を促すためにリダイレクトをします。
一般デベロッパはstream.twitter.com/*をBasic認証で使えなくなります。Basic認証で呼び出した場合は401 Unauthorizedが返ります。全開発者は直ちにOAuth1.0aに移行することを強く推奨します。
ストリーミングAPIの"1.1"以外へのパスは非推奨となります。ただし今回はまだ廃止とはしませんが1.1時代のパスを使うことを強く推奨します。
公式ドキュメントではAPI v1.1はSSLのみとなっています。SSLを使っていることを確認してください。非SSL接続はいずれ拒否されます。
レガシーウィジェット(別名"Goodie"または"Join the Conversation"ウィジェット)ではツイートは表示されなくなります。
API v1.1’sのレスポンスフォーマットはJSONのみとなります。XML, RSS, ATOM はAPI v1と共に廃止されます。
何か質問があればこのディスカッションに投稿してください。

関連記事:
Twitter、二回目のAPI1.0ブラックアウトテスト日程(3/21)をアナウンス – 認証付き呼び出しも影響あり | #APImood
API v1 Retirement Update: Blackout Tests, OEmbed, & Streaming API edition | Twitter Developers
【生中継】ブラックアウトテストの様子 #byebye_API_1_0 | #APImood
いつやるの? #今でしょ! まだ間に合うTwitter API 1.1切り替えの影響まとめ | #APImood
Twitter APIと開発者規約変更のインパクトまとめ:結局、Twitter API 1.1で何が変わる? 5つのポイント – @IT
Twitter がAPIバージョン1のリタイアプランを発表 – 3月5日に最初のブラックアウトテスト(予行演習)を実施 | #APImood

“TwitterがAPI1.0の完全廃止日をアナウンス – 2013年5月7日(火)” に1件のコメントがあります

コメントは停止中です。