ピ・ピ・ピ・・ピーーーーーーーー @Anywhere APIが静かに息を引き取りました – デベロッパはJavaScriptコンソールを確認!

ピ・ピ・ピ・・ピーーーーーーーー @Anywhere APIが静かに息を引き取りました – デベロッパはJavaScriptコンソールを確認!

ちょっとしたJSを入れるだけでTwitterの@ユーザー名にリンクを付けたり、プロフィールをポップアップ表示したりしてくれる@Anywhere APIが廃止されました。
この廃止については去年9月にアナウンスされており、当初12月6日の予定だったのが延期され、3月5日についに実施された形となります。

@Anywhere APIを利用しているサイトではJavaScriptコンソールにもう利用ができないのでフォローボタンやツイートボタン、Web Intentsなどへ移行して欲しいとのメッセージが表示されます。
atanywhere

Web Intentsやフォローボタン、ツイートボタンについて詳しくはTwitter APIポケットリファレンスをどうぞ。(REST APIはAPI1.0の説明ですが)

関連記事:
【生中継】ブラックアウトテストの様子 #byebye_API_1_0 | #APImood
Twitter API1.0告別式 #byebye_API_1_0 Twitter API 1.0 farewell party – Togetter
Twitter がAPIバージョン1のリタイアプランを発表 – 3月5日に最初のブラックアウトテスト(予行演習)を実施 | #APImood