masuidriveと学ぶ「60分で覚えるAndroidアプリの作り方」に参加 -「Androidの本当にあった怖い話」もLTしました

コンテンツワン様主催の「masuidriveと学ぶ60分で覚えるAndroidアプリの作り方」に参加してきました。
masuidriveと学ぶ「60分で覚えるAndroidアプリの作り方」 : ATND

風呂グラマーとして有名で現在Appcelaratorにお勤めの@masuidriveさんによるAndroidの基礎的な講座です。

Appcelarator 発の JavaScript によるモバイルアプリ開発環境、Titanium Mobile の紹介を期待していましたが Android アプリ開発の基本、Intent や Service の使い方の解説がメインでした。

Android に関連する LT 発表の枠があったので私は Twitter4J の開発で得た Java と Android の違いに関するノウハウについて話をしてきました。

Androidの本当にあった怖い話

Ustream の録画はこちらでご覧いただけます。私がしゃべっているのは01:05:00くらいから。
Androidseminar 01/17/11 04:11AM, Androidseminar 01/17/11 04:11AM siroi_mogutan on USTREAM. The Web

かなり駆け足の説明となってしまいましたが Java と Dalvik の非互換性に潜む罠について、Twitter4J で学んだことをお伝えでき、それなりに楽しんでいただけたのではないかと思います。
参加者はおそらくほとんどがJavaの開発に携わっている人でTwitter4Jを使っている(使ったことがある)方が1割くらいはいたでしょうか?嬉しい限りです。

Java と Dalvik の非互換部分についてはもう少しネタがあるのでもう少しまとめて別の機会でまたお話するか、ブログ記事にまとめたいなぁ・・・。

また懇親会ではたくさんの方とお話をすることができて有意義でした。このような機会を提供してくださったコンテンツワン様、ありがとうございました。

関連記事:
Togetter – 「2011/01/17 masuidriveと学ぶ「60分で覚えるAndroidアプリの作り方」
はてなブックマーク – Androidの本当にあった怖い話
masuidriveと学ぶ「60分で覚えるAndroidアプリの作り方」参加メモ – katz's adversaria

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です