Java

WebLogic Type 4 Driver for Oracle が非推奨に

WebLogic Server 10gR3 より Type 4 driver for Oracle が非推奨になったようです。"非推奨" とは、Oracle|BEA は今後新機能の追加などを行わないことを意味します。セキュリティ脆弱性などが見つかった場合は修正されますが、利用者は Oracle Thin Driver など他の JDBC へ移行することが推奨されます。
The Oracle Driver (Deprecated)
Using WebLogic Type 4 JDBC Drivers

WebLogic Type 4 driver は"もう一つの" JDBC ドライバで、WLS8.1 の時から提供されてきました。中身はデータディレクト社の OEM 製品です。
このドライバはパフォーマンスに重点が置いてあり、多くの場合 Oracle の純正 Thin Driver よりも良いパフォーマンスを発揮します。しかし、残念なことに長い間この製品は不安定さを抱えてきました。個人的にもより実績のある Thin Driver への移行を強くお勧めします。
Type 4 ドライバのリタイア後にもなんらかの理由で Type4 ドライバを継続して利用したい場合は、データディレクト社から別途お購入することも一応可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です