映画

17歳のカルテ

を見た。
現代は Girl, interrupted.

ウィノナ・ライダー主演の映画。
精神が不安定で何事も人のせいにしてしまう主人公が施設で過ごしていく中、友達と共に成長していく様を描いた作品。

一度映画館で見たことがありますが、寝ていたのか最後の方は全然覚えていませんでした。

ウィノナ・ライダー自身も劇中の主人公と同じく境界性人格障害を患っていたことがあるようです。
パラサイトのクレア・デュバルや、アンジェリーナ・ジョリーなども出ており、むしろウィノナ・ライダーよりも難しい役を演じています。

ハッピーエンドといえばそうなんだけれども、やや悲しいお話。
過去の出来事と現在の区別が時々はっきりしなくなり混乱している様子の演出・編集がちょっと面白い。



ぽすれん

WOWOW

最近他に観た映画:
麗しのサブリナ
スピード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です