映画

2001年宇宙の旅

を観た。
2001年宇宙の旅

HAL がでてくる有名なアレです。

2度目になるんだけれども、最初はDVDで、今回はハイビジョン映像で観たので迫力が違いました。

1968年の映画にして、宇宙船やその内部のモデルは精巧・緻密。

40年を経た今見ても演出、シーン割りに陳腐さのない作りにただただ圧倒されます。

伏線という伏線を省いてあまりにも謎めいた作りになっており、映画だけを見ると解釈できる幅が広すぎますが、深いことを考えずにボーっと見るのもいいです。

冒頭の部分は人類が初めて道具を手に入れて起こした行動は戦争だった、なんて風刺と見ることもできるでしょうか。
が、全編を通して伝えるメッセージというものは感じられず、あくまで SF 娯楽作品だと思います。

他に最近見た映画
間宮兄弟
計画性のない犯罪

WOWOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です